家を建てた以上必ずいつか行わなければいけないのが、住宅の塗り替えになります。この住宅の塗り替えですが、すべてのお客様が満足のいく結果になっていないのも事実です。

その理由としては、値段ばかりを重視してしまったり、住宅の塗り替えをただ単に色を塗り替えるだけのことだと思っているお客様が非常に多いです。

しかし、山形県ならば山形県に適した塗り替えを行う必要がありますし、沖縄県ならば沖縄県に適した塗料や施工方法を選択する必要があるのです。
 
とは言ってもどのような塗装を行えば、山形県のお住いのお客様に適した塗り替え工事かはわからないかもしれません。そこでこのページでは、山形県での住宅の塗り替えでの注意点を紹介します。これを参考にしていただき、実際の塗り替え工事に役立てていただきたいです。

山形県の特徴
山形県は東北地方に分類されており、県全域のおよそ90%の地域が特別豪雪地帯になります。しかし、日本海に面する庄内地方は、夏冬ともに県内では最も気温が高いです。

年間平均気温に関しても、北関東や東京都西部内陸部とあまり変わりません。なので、緯度の割に温暖な地域になり、夏場は熱帯夜になるほど蒸し暑くなる特徴があります。

また、春季から夏季にかけてはフェーン現象(山の斜面にあたったのちに山を越え、暖かくて乾いた下降気流となった風によってその付近の気温が上がる現象)が発生しやすく、突発的に猛暑日に見舞われることも決して少なくありません。

現に、1933年(昭和8年)7月25日に山形市で観測された気温40.8℃は、2007年(平成19年)8月16日に埼玉県熊谷市、岐阜県多治見市で観測された気温40.9度に抜かれるまで、74年間にわたって日本最高の記録でした。

このような東北地方でありながら気温が40℃を超えてしまうほど暑くなる特徴を持った山形県では、「遮断熱塗料」を使った塗り替えをお勧めします。

山形県の住宅の塗り替え
遮断熱塗料とはどのような塗料かと説明しますと、夏場の外部からの熱を室内に通さない特徴を持った塗料になります。また、断熱効果もありますので、冬場の室内の温度を外部に逃がさない特徴も持っています。

なので、夏は室内を涼しくする特徴を持っており、冬場は室内を暖かくする特徴を持った素晴らしい塗料になります。

住宅の塗り替えを行うのであれば、あなたの地域や住宅に適した塗り替え工事を行っていただく必要があります。そうすることができれば、あなたの今後の生活はとても豊かなものになりますし、更に住みやすい家にすることができるのです。

当サイト山形県対応エリア

山形市、米沢市、鶴岡市、酒田市、新庄市、寒河江市、上山市、村山市、長井市、天童市、東根市、尾花沢市、南陽市、東村山郡(山辺町、中山町)、西村山郡(河北町、西川町、朝日町、大江町)、北村山郡(大石田町)最上郡(金山町、最上町、舟形町、真室川町、大蔵村、鮭川村、戸沢村)、東置賜郡(高畠町、川西町)西置賜郡(小国町、白鷹町、飯豊町)、東田川郡(三川町、庄内町)、飽海郡(遊佐町)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です