札幌市は北海道の県庁所在地になるために、日本で最北端の県庁所在地になり、政令指定都市になります。また、札幌市の人口は200万人近くになるのですが、豪雪地域でこの人口の多さは世界的に見ても珍しいです。

ですから、札幌市にお住みのお客様からのお問い合わせも非常に多いです。たくさんのお問い合わせを受けると言うことは、札幌市に住んでいるお客様がどのように住宅の塗り替えを行えば、適切な塗り替えが行えるのかについても把握しています。

そこでこのページでは、札幌市に住んでいるお客様が住宅の塗り替えを行う際に、どのように住宅の塗り替えを行えばいいのかを紹介します。

札幌市は豪雪地域になりますので、外壁塗装を行う際に気候や気温の面では注意しなければいけない点が存在します。これを学べば、あなたの住宅の塗り替え工事を失敗したり後悔したりする確率は大きく変わってきます。

札幌市の特徴
先ほど説明した通り、札幌市は豪雪地域になります。なので、塗り替えができる時期とできない時期がどうしても存在してしまいます。

塗料メーカーにもよるのですが、塗料と言うのは適切な塗装をできる環境が決められています。

 ・気温が5℃以下

 ・湿度が85%以上

の場合は、塗装をすることができません。上記の環境で塗装をしてしまいますと、仕上がりや耐久性に問題が出てしまうのです。

なので、11月上旬から4月までは、積雪の関係もあり塗り替え工事を行うことは望ましくありません。札幌市に住んでいるのであれば、この適切な気温と湿度をよく理解する必要があります。

このことを知らずに業者が大丈夫だと言うから施工したら、後々塗り替え工事をやり直さなければいけなくなってしまったなどの相談も実際にあります。

そのようなことにならないためにも、住宅の塗り替えに適切な時期をお客様自身が見極める必要があるのです。

札幌市の住宅の塗り替え
札幌市の冬は最北端の政令指定都市になりますので、ものすごく寒いです。ですから、住宅の塗り替えを行うのであれば、断熱塗料を使った塗装をおすすめします。

断熱塗料とは、その名の通り断熱をする塗料になります。なので、住宅の内部の熱を外に逃がさない特徴を持っていますので、通常の塗料よりも冬場は暖かい室内温度を保つことができます。

そして、多くのお問い合わせを受けていると感じるのですが、お客様がそこまで住宅の塗り替えのことを真剣に考えていないです。「熱意」が感じられないのです。

「もっと色はこうしたい」「機能性はこの塗料がいい」などもっと何かあるはずです。ですが実際は、10年経ったから仕方がなく行っている場合やただ単に住宅の塗り替えを行っているお客様が非常に多いです。

なので、住宅の塗り替えを行う以上、お客様自身が塗り替えのことを真剣になって考える必要があるのです。あなたの住宅を守るのは私ではありませんし、塗り替え業者でもありません。あなたの住宅を守るのはあなた自信だと言うことを理解していただきたいです。

当サイト札幌市対応エリア

札幌市(中央区、北区、東区、白石区、豊平区、南区、西区、厚別区、手稲区、清田区)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です