今後あなたが住宅の塗り替えを行う際に気を付けていただきたい注意点があります。それは、

・金額ばかりを重視しない
 
 ・気候に合った塗り替え

になります。多くのお客様が安さばかりを気にしてしまい、住宅の塗り替え工事を行いがちです。その結果、機能性のない塗り替えになってしまったり、納得のいかない塗り替え工事になってしまったりしています。

確かに、値段を気にすることは決して悪い事ではありません。しかし、あまりにも安い金額で外壁塗装を行ってほしくはありません。

なぜなら、安すぎる工事を行えば、サービスの質は落ちてしまいますし、気候に合った塗料や施工方法を選択することができません。

例えば、沖縄ならば沖縄に適した塗り替え工事を行う必要がありますし、岩手県ならば岩手県に適した塗り替えを行う必要があるのです。

そこでこのページでは、岩手県での住宅の塗り替えのポイントを紹介します。これを学べば、岩手県に在住のお客様がより良い塗り替え工事をするための何かヒントになるはずです。

岩手県の特徴
岩手県は東北地方に属しており、県内全域が豪雪地域に指定されています。なので、冬場は雪が積もってしまい、どうしても塗り替え工事が不可能になってしまいます。

また、塗料には適切な気温と湿度があり、

・気温が5℃以下
 
 ・湿度が85%以上

の場合は、塗装を行ってはいけません。なぜなら、品質が保証できませんし、塗料の機能性や耐久性が落ちてしまう可能性があるからです。

特に、岩手県は豪雪地域に指定されるほど、全国的に見ても気温が低いです。なので、このような塗料を塗装することができる気温や湿度を特に注意しなければなりません。

ですから、岩手県で塗り替え工事を行うのであれば、夏場が一番ベストになります。もし、あなたが住宅の塗り替えを考えているのであれば、冬場や気温が5℃以下になってしまう可能性がある時期は極力避けていただきたいです。

また、気温が低ければ塗料が乾燥する時間も当然かかってしまいます。そのような部分からも、乾燥が早い夏場に塗り替え工事を行っていただくことが望ましいです。

このように、住宅の塗り替えにおいて気候や地域と言うのはとても重要なポイントになります。

岩手県で住宅の塗り替えを行う際に、この部分を理解して塗り替えの時期を決めていただく場合と何も考えずに塗り替えの時期を決めていただくのとでは、塗装直後はそこまで違いはありませんが、将来的には大きな違いになってしまう可能性は十分にあります。

なので、豪雪地域で塗り替えを行うのであれば、夏場に塗り替えを行えるように業者選びなどの計画を立てていただきたいです。

当サイト岩手県対応エリア

盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、奥州市、滝沢市、岩手群(雫石町、葛巻町、岩手町)、紫波郡(紫波町、矢巾町)、和賀郡(西和賀町)、胆沢郡(金ケ崎町)、西磐井郡(平泉町)、気仙郡(住田町)、上閉伊郡(大槌町)、下閉伊郡(山田町、岩泉町、田野畑村、普代村)、九戸郡(軽米町、野田村、九戸村、洋野町)、二戸郡(一戸町)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です