住宅の塗り替えは、家を購入された方ならば必ず行わなければいけません。しかし、その際に注意していただきたいことがあります。

それは、金額ばかりを重視してしまい肝心な機能性や耐久性をおろそかにしてしまうことです。確かに、住宅の塗り替えと言うのは安い金額ではありません。

しかし、とにかく安さだけを追求してしまえば、機能性や耐久性などの住宅の塗り替えの肝心な部分に力を入れることができません。あなた自身が納得のいく塗り替え工事ができなくなってしまうかもしれないのです。

それでは元も子もなくなってしまいます。そこで、そのようなことにならないためにも、福島県にお住みのお客様がどのようなプランニングで住宅の塗り替えを行えばいいのかを紹介します。

福島県の特徴
福島県は面積が東西に広く、標高差も大きいために同じ県内であっても気候差は大きいです。機能の種類としては以下の種類があります。

・浜通り地方
・阿武隅高地
・中通り地方
・会津地方

になります。では、上記の4つの種類別の気候に適した塗り替えを紹介します。

浜通り地方の住宅の塗り替え
浜通り地方は、太平洋沿岸部の暖流(黒潮)の影響により夏は涼しく、冬は暖かい海洋性気候になります。その中でも特にいわき市は東北で最も温暖な地域になります。なので、そのような温暖な地域には、遮熱塗料を使った塗装をお勧めします。

遮熱塗料とはどのような塗料かと説明しますと、夏場の外部からの熱を室内に通さない塗料になります。なので、夏場は涼しい室内環境を手に入れることができます。

阿武隅高地の住宅の塗り替え
阿武隅高地は標高が高く内陸性気候になり、日照時間も多い地域になります。なので、放射冷却(雲がないよく晴れた夜間で地上の熱がそのまま宇宙空間に放熱されて地表の温度が下がること)が起こりやすいです。

ですから、寒さが厳しい地域になります。なので、このような得領を持っている阿武隅高地では、断熱機能を持った塗料で塗装することをお勧めします。

断熱塗料とは、冬場などに室内の温度を外部に逃がさない塗料になりますので、冬場でも暖かい室内環境を作ることができます。寒い地域ならば、このように寒い地域に適した塗料を使って外壁や屋根を塗装していただければ、寒さを改善することができます。

中通り地方の住宅の塗り替え
基本的には内陸性気候の特徴が混じった太平洋側気候になります。しかし、阿武隅川流域の西側は日本海側気候の影響を受けやすく雪が降りやすいです。とは言っても豪雪地域ほどの雪の量は降りません。

ですが、やはり冬場は寒さが厳しい地域になりますので、先ほど説明した断熱機能を持った塗料で塗り替えをお勧めします。

会津地方の住宅の塗り替え
会津地方は日本海側気候になりますので、雪の多い地域になっています。福島県のなかでも特に寒さが厳しい地域になりますので、断熱塗料での塗装を得にお勧めします。

このように塗料によって断熱効果がもたらされるのであれば、暖房代の節約にもつながりますし、なおかつ住みやすい住宅になります。

福島県ならば福島県に適した塗料や施工方法を業者と相談していただければ、より良い外壁塗装が行えます。また、より良い塗り替えが行えるということは、その後のあなたの暮らしもより良いものにすることができるのです。

当サイト福島県対応エリア

福島市、会津若松市、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、田村市、南相馬市、伊達市、本宮市、伊達郡(桑折町、国見町、川俣町)、安達郡(大玉村)、岩瀬郡(鏡石町、天栄村)、南会津郡(下郷町、檜枝岐村、只見町、南会津町)、耶麻郡(北塩原村、西会津町、磐梯町、猪苗代町)、河沼郡(会津坂下町、湯川村、柳津町)、大沼郡(三島町、金山町、昭和村、会津美里町)、西白河郡、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町)、東白川郡(棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村)、石川郡(石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町)、田村郡(三春町、小野町)、双葉郡(広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村)、相馬郡(新地町、飯舘村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です