住宅の塗り替えを行う際に、多くの方が金額ばかりを重視してしまいます。その結果、耐久性が少なく早く塗り替えを行わなければいけなくなってしまうケースも実際に存在します。

他には、実際に塗装してみたらイメージの色と違ったりしてしまいます。なので、住宅の塗り替えを行う以上そのようなことにならないためにも、金額ばかりを重視するのではなく機能性などを重視していただきたいです。

そうすることができれば、住宅の塗り替えを行う際に失敗してしまう確率はゼロとまでは言えませんが、大きく下がります。特に、住宅の塗り替えを行う場合はその地域の気候に適した塗料であり、施工方法を選択する必要があるのです。

例えば、沖縄ならば沖縄に適した住宅の塗り替えのプランを行う必要がありますし、青森県ならば青森県に適した塗り替えを行う必要があります。

そこでこのページでは、青森県に住んでいるお客様が住宅の塗り替えを行う際に、どのようなことに注意すればいいのかを解説します。

青森県の特徴
青森県は本州の最北端に位置する県になります。なので、とても冬は冷え込む豪雪地域になります。また、青森市は都道府県庁所在地都市では唯一、市域すべてが特別豪雪地帯に指定されています。

気候としては、太平洋と日本海の両方に面していますので、日本海側気候と太平洋側気候の2種類になります。また、南部ほど内陸性気候のため寂しさが厳しいです。また、北部は海洋性気候になりますので、寒さは比較的厳しくありません。

とは言っても、青森県は豪雪地域になりますので、気温が低く寒い地域になります。なので、青森県の住宅の塗り替えは「断熱塗料」を使った塗り替えをお勧めします。

青森県の住宅の塗り替え
断熱塗料とはどのような塗料かと説明しますと、その名の通り断熱効果のある塗料になります。なので、厳しい冬場などにおいて、室内内部の温度を保温する機能がある塗料になります。

また、住宅の塗り替え時期においても注意を払わなければいけません。塗料には、適切な塗装ができる温度と湿度があります。

外部の温度が5℃以下になり、湿度が85%以上の場合は塗装を行ってはいけません。なので、青森県のように気温が低く雪が多く降る地域は、夏場などに塗り替えを行うのがベストになります。

一見、住宅の塗り替えは塗装を行うだけの話かもしれませんが、実は、このように地域やその環境によっても適切な塗料や施工方法は変わってきます。

その違いをよく理解して塗り替えを行っていただくことが、あなたの住宅のためであり、あなた自身の今後の幸せのためでもあるのです。

当サイト青森県対応エリア

青森市、弘前市、八戸市、黒石市、五所川原市、十和田市、三沢市、むつ市、つがる市、平川市、東津軽郡(平内町、今別町、蓬田村、外ヶ浜町)、西津軽郡(鰺ヶ沢町、深浦町)、中津軽郡(西目屋村)、南津軽郡(藤崎町、大鰐町、田舎館村)、北津軽郡(板柳町、鶴田町、中泊町)、上北郡(野辺地町、七戸町、六戸町、横浜町、東北町、六ヶ所村、おいらせ町)、下北郡(大間町、東通村、風間浦村、佐井村)、三戸郡(三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、新郷村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です